施設案内

アートセンターとは

川崎市アートセンターは「しんゆり・芸術のまち」に、新しい文化振興の拠点として2007年10月31日にオープンしました。小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩3分。麻生区万福寺の新しいまちに相応しい、光あふれるガラス張りのエントランスが特徴的な建物です。
「新百合ヶ丘」駅周辺地域には、多くの芸術・文化関係者が居住し、昭和音楽大学、日本映画大学などの文化芸術機関も隣接しています。また「KAWASAKIしんゆり映画祭」や「麻生音楽祭」などの多彩な芸術イベントが定着するなど、市民による文化芸術活動が非常に活発に行われています。
こうした芸術文化に関する豊かな地域資源を持つ新百合ヶ丘駅周辺地域を「しんゆり・芸術のまち」として、より一層活力のあるまちづくりを進めるために、川崎市アートセンターは、これまで行われてきた芸術のまちづくりを継承し、さらに発展させることを基本理念としています。

詳しくはこちら

このページのトップへ

施設紹介

アルテリオ小劇場(2F)
アルテリオ小劇場
小規模ながら広さ十分の舞台と観やすさを追求した195席(車椅子2席含む)の劇場
アルテリオ映像館(2F)
アルテリオ映像館
印象的な赤いイスでゆったりと映画を鑑賞できる113席(車椅子2席含む)の映画館
映像編集室(3F)

映像編集室(3F)

Final Cut Proによる編集システム
録音室(3F)

録音室(3F)

ナレーション収録やボーカル収録に適した環境
研修室(3F)

研修室(3F)

小規模な研修や打ち合わせに
コラボレーションスペース(3F)

コラボレーションスペース(3F)

当館をご利用されるお客様の休憩や、イベント、ワークショップなどを行うオープンスペースです。

[利用案内] 利用時間/9:30〜17:00
公演および上映のない日、事業によって利用できない場合があります。グループ等で利用する場合は受付に申し出ください。
※長時間の利用、ゲーム機などの使用はご遠慮願います。ゴミはお持ち帰りいただき、大きな声で話をする等、周囲に迷惑をかけないようご利用ください。
※当スペースの貸出は行っていません。
工房(1F)

工房(1F)

小道具や舞台、美術などの制作ができる多目的スペース

楽屋(1F)

間仕切りで大きさを調整できる機能的な楽屋

当館では主催事業のほかに、各施設の貸出を行っております。貸出の詳細はこちらでご確認ください。

貸館案内はこちら

今村昌平監督「カンヌ国際映画祭受賞パルム・ドール」展示コーナー(2F)

今村昌平監督「カンヌ国際映画祭受賞パルム・ドール」展示コーナー(2F)
平成18年(2006)5月に逝去された今村昌平監督は、「カンヌ国際映画祭」で2度最高賞(パルム・ドール)を受賞された日本を代表する映画監督です。本市麻生区にある日本映画学校(現:日本映画大学)の創始者であり、平成9年(1997)には川崎市文化賞を受賞されるなど、川崎市にゆかりのある今村昌平監督の功績を末永く顕彰するため、日本の映画史上においても非常に価値のある2つの受賞トロフィーを寄託いただき展示をしています。

●左:第36回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞トロフィー(受賞作品「楢山節考」寄託:東映株式会社)
●右:第50回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞トロフィー(受賞作品「うなぎ」寄託:今村プロダクション株式会社)
このページのトップへ

「アルテリオ」とは

イタリア語で「芸術」という意味の「アルテ(arte)」とスペイン語で「百合」という意味の「リリオ(lirio)」をあわせた造語です。

このページのトップへ

アートセンターのロゴマーク

「ART」をシンボリックにデザインし、麻生区の自然【緑】、芸術の情熱【オレンジ】、新百合ヶ丘の都会的な雰囲気【青】を表現しました。

このページのトップへ

施設構成

名称川崎市アートセンター
構造鉄筋コンクリート造、3階建
敷地面積2,138u
延べ床面積1,912.19u
 アルテリオ小劇場 195席(基本形式・車椅子2席を含む、最大214席)
 楽屋 楽屋1:12.9u(定員6名)、楽屋2:15.8u(定員7名)、楽屋3:19.7u(定員10名)
 アルテリオ映像館 113席(車椅子2席を含む)
 映像編集室 11.3u
 録音室 16.9u
 研修室 18.3u
 コラボレーションスペース 128.5u
 工房 84.5u
 エントランスホール 149.6u
 事務所 39.5u
オープン 2007年10月31日(水)
開館時間 9:00〜22:30
休館日 年末年始12月29日〜1月3日
施設・設備点検日 毎月第2月曜日(祝日の場合は、その翌日)
所在地 〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-1
Tel 044-955-0107
Fax 044-959-2200
このページのトップへ

運営団体について

川崎市アートセンターは、指定管理者として選定された、川崎市文化財団グループ(公益財団法人川崎市文化財団、学校法人東成学園昭和音楽大学及び学校法人神奈川映像学園日本映画大学による共同事業体)が運営しています。指定期間は、平成24年(2012)4月1日から平成29年(2017)3月31日まで。

第2期指定管理者(2012年4月1日〜2017年3月31日)
川崎市文化財団グループ
公益財団法人川崎市文化財団      http://homepage2.nifty.com/k-bunkazaidan/
学校法人東成学園昭和音楽大学     http://www.tosei-showa-music.ac.jp/
学校法人神奈川映像学園日本映画大学  http://www.eiga.ac.jp/
第1期指定管理者(2007年10月1日〜2012年3月31日)
川崎市文化財団グループ
財団法人川崎市文化財団 (現・公益財団法人川崎市文化財団)http://homepage2.nifty.com/k-bunkazaidan/
特定非営利活動法人アートネットワーク・ジャパン     http://anj.or.jp/wp/
このページのトップへ