新型コロナウイルス感染症対策の取り組みについて
アルテリオ小劇場TOP公演情報 > 夏休みワークショップフェスティバル2014

夏休みワークショップフェスティバル2014

つくる・演じる・たのしむ!夏の川崎市アートセンターは面白いことが待っている…

川崎市アートセンターでは夏休みに演劇や映像に親しみながら体験するワークショップをおこないます。演劇的な遊びを通して新しい自分に出会う、ミュージカルに出演する、映画の原理を知る、アニメーション作りや映画音楽に挑戦するワークショップ…今までやったことのない新しいことに挑戦してみましょう!小学生だけでなくおとなも参加できるプログラムもあります。ここでしかできない新しい体験をしませんか?みなさんの参加をお待ちしてます!

A.演劇ワークショップPlay is Play ~演劇的な遊びを体験してみよう~

演劇的手法を用いた多種多様の「Play=遊び」を参加者の皆さんで体験していきます。この「Play=遊び」には必ず相手が存在します。日常的なコミュニケーションを始め、生活のあらゆる場面に通じる行動です。今回は「日常生活の中で普段見落としがちなこと」にスポットを当ててみましょう。今まで気付
かなかったことや、思いもしない発見がたくさん見つかるかもしれません。

【日時】
7月20日(日)、21日(月・祝)
1)午前の回 10:00〜13:00 / 2)午後の回 14:00〜17:00
7月22日(火)、23日(水)
3)夜間の回 18:00〜21:00

【対象】
中学生以上(高齢者大歓迎)

【定員】
各回20名

【参加費】
2,000円

【講師】
西垣耕造(俳優・演出・ワークショップダイレクター)
1965年生まれ。兵庫県出身。日本社会事業大学社会福祉学部卒
業。1997年、東京演劇集団風に入団。2002年には文化庁の芸術家在外研修員としてロサンゼルスに渡り、作家ライル・ケスラー氏のもとでイマジネーション・ワークショップを学ぶ。現在は俳優として舞台に立つとともに、全国の小・中・高等学校の授業や地域活動において、児童・生徒・先生方と演劇の手法を取り入れた「コミュニケーション・ワークショップ」を実践。また、障害を持った人たち、社会との接点を見いだせずにいる若者たちとのワークショップも全国各地で展開している。公益社団法人日本劇団協議会常務理事。
B.ミュージカルワークショップ1週間でミュージカルに挑戦してみよう!

お芝居・歌・ダンスの3要素からなるミュージカル。新しいお友達と一緒に、1週間で短い作品創りにチャレンジ!自由な発想でいろいろな表現に取り組んだり、みんなと協力し合って一つの目標に向かう楽しさや達成感を感じてください。

【日時】
8月4日(月)〜10日(日)※7日(木)はお休み。全6日間
10:00〜15:00(昼休憩あり)

【対象】
小学生以上

【定員】
20名

【参加費】
小・中学生 3,500円/高校生以上 7,000円

【講師】
構成・演出:大谷賢治郎
サンフランシスコ州立大学芸術学部演劇科卒。劇団銅鑼公演「ハンナのかばん」の「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」にて小中学生対象の演劇ワークショップを2011年より3年連続で指導。2012年より東京国立博物館にて小学生に博物館を演劇的に案内するワークショップ「トーハク劇場へようこそ」を行なう。2013年劇団銅鑼公演「不思議の記憶」の作、演出、美術を手掛ける。2012年より、しんゆりシアター劇団わが町にてワークショップ講師、演出助手、ならびに芸術監督代行。アシテジ国際児童青少年演劇協会日本センター理事。

音楽監督:西村勝行
昭和音楽短期大学声楽科・東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。多数の市民音楽祭 昭和音楽大学・桐朋学園短期大学演劇科などの公演の音楽を担当してきた。最近では、大学ミュージカル「三文オペラ」「モダンミリー」の音楽監督を担当した。現在、昭和音楽大学非常勤講師・日本作曲家協会々員・日本音楽著作権協会信託会員。

歌唱指導:萩原かおり
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。二期会会員。奄美観光大使。昭和音楽大学准教授。三木稔作曲のミュージカルオペラ「うたよみざる」のヒロイン末子(よてこ)役でデビュー。
以来、コンサートやミュージカル等のステージを中心に幅広く活躍中。

振付:松浦希実
幼少よりクラシックバレエを始め、昭和音楽芸術学院ミュージカル科にてミュージカルの基礎を学ぶ。卒業後は舞台やイベントなどで踊り、2009年より舞浜テーマパークダンサーとして活動中。現在、昭和音楽大学附属音楽バレエ教室ダンス講師。

ピアノ:山田由起子/ドラム:やまだはるな/アシスタント:原田 亮/音楽監督助手:大部胡知
その他のワークショップ映像館でのワークショップとなります。
詳しくはコチラまで!
応募方法往復はがき(52円×2のもの)に下記必要事項をご記入の上、ご応募ください。

◆往信文面
1)希望ワークショップ名(A〜E、クラス?〜?を明記)
2)参加者氏名(フリガナ)
3)性別
4)学校名
5)学年※社会人の方は年齢
6)住所
7)電話番号
8)未成年者が参加する場合保護者名
9)参加希望理由

◆返信宛名面
住所、氏名をご明記ください。

締切:7月5日(土)消印有効

宛先:〒215-0004
川崎市麻生区万福寺6−7−1 川崎市アートセンターワークショップ係

【応募にあたってのご注意】
・応募ハガキ一枚につき、一講座一名のお申込みが可能
・応募者多数の場合は抽選となります
・結果は7月12日(土)に発送予定
・記載に不備がある場合、受付できません。
・フリクションペンでの記入はご遠慮ください。
・ワークショップの活動は写真等で記録し、川崎市アートセンターの広報などで使用することがありますのでご了承ください。
・参加費には保険料が含まれます。
お問い合わせ川崎市アートセンター
TEL:044-955-0107
公演日
8/4〜8/10
このページのトップへ