アルテリオ小劇場TOPアーカイブ2017年 > 劇団民藝「アンネの日記 プロローグとエピローグのある二幕」

劇団民藝「アンネの日記 プロローグとエピローグのある二幕」

澄み切った少女の瞳が見つめた希望のひかり

13歳という多感な年ごろにナチスから逃れ、かくれ家に移り住んだユダヤ人の少女アンネ・フランク。日記が遺したメッセージは、いまも私たちの心を強く揺さぶります。民藝の財産演目として1956年の日本初演から上演回数は1700回を超え、芸術選奨文部大臣賞をはじめ数々の栄誉に輝いています。今回のアンネ役には、2012年、本作でオーディションで選ばれ、初々しいデビューを飾った地元川崎の八木橋里紗が再び挑戦します。

[ものがたり]
1942年夏。オランダに住むアンネ一家は、アムステルダムのとある屋根裏部屋に隠れました。街ではナチスのユダヤ人狩りが猛威をふるっています。昼間は声も立てられず、水も使えず、深刻な食量不足。そんな中でも明るくのびのびと振る舞うアンネは、しばしば母や同居人たちと衝突します。でも少年ペーターとだけは心が通いあい、ほのかな愛情が芽生えます。絶望の淵に連合軍が上陸したというニュース! 解放の日は近い。だが、2年目の夏の午後、階下で不気味な電話が鳴り続けるのでした……。

公演日程4/29(土・祝)〜5/1(月)
各日14:00開演 ※開場は開演の30分前
チケット一般4,000円/学生2,000円(全席指定・税込)

1、インターネット
川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)2017チケットセンター(ご購入には無料会員登録が必要となります)
【PC】チケット購入はこちらから
【携帯】チケット購入はこちらから

2、電話予約
アルテリッカチケットセンター
電話 044-955-3100(9:30〜17:00)

3、窓口販売
・川崎市アートセンター(窓口販売 9:00〜19:30 毎月第2月曜除く)
・新百合21ホール(窓口販売 9:00〜17:00 毎月最終月曜除く)
・マイタウンチケットセンター[新百合ヶ丘マプレ「写真工房彩」内](窓口販売 9:00〜21:00 不定休)  
・昭和音楽大学チケットセンター[昭和音楽大学南校舎内](窓口販売 10:00〜18:00 土・日・祝 及び 12:00〜13:00を除く)
・昭和音楽大学北校舎(窓口販売 10:00〜17:00 日・祝除く)
お問い合わせ先川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)2017実行委員会事務局 044-952-5024
スタッフ原作/アンネ・フランク
脚色/フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット 
訳・演出/丹野郁弓
装置/勝野秀雄
照明/前田照夫
衣裳/前田文子
効果/岩田直行
舞台監督/風間拓洋
主催:川崎市アートセンター
共催:川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)2017実行委員会/川崎市/川崎市教育委員会
後援:「音楽のまち・かわさき」推進協議会/NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり
出演
オットー・フランク 千葉茂則
フランク夫人 白石珠江
マルゴー・フランク 平山晴加
アンネ・フランク 八木橋里紗
ファン・ダーン 吉岡扶敏
ファン・ダーン夫人 細川ひさよ
ペーター・ファン・ダーン 本廣真吾
デュッセル 齊藤尊史
ミープ・ヒース 飯野 遠
クレイマン 山梨光國
みどころ「世界中の若い人たちにこの舞台を見てほしい」。アンネの父親オットー・フランクさんから託された願いどおり日本語版『アンネの日記』は全世界で最多上演を記録しています。日本初演から60年、アルテリオ小劇場での今回の公演では、小空間が生み出す緊密な空間でアンネ・フランクの隠れ家での様子を微細に描きます。思春期の少女を取り巻くの心と体の成長や、親への反発と愛情、そして何より平和を希求するこころ。観劇体験が社会や家族への関心を想像以上の広げます。是非親子で劇場へお出かけください。
公演日
4/29〜5/1
このページのトップへ