アルテリオ小劇場TOPアーカイブ2017年 > しんゆりシアター 劇団わが町 第6回公演「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」

しんゆりシアター 劇団わが町 第6回公演「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」

みんなで書いた、わたしたちの“今” “今”を見つめる目が わたしたちの“明日”をつくる

しんゆりで、またまたただならぬことが起きています。
劇団わが町のメンバーに、「ブレヒトは『第三帝国の恐怖と貧困』(*1)で、生活の断片を積み重ねてナチス・ドイツの犯罪を告発した。それにならって、次の公演はみんなで、今の私たちを脚本にしてみないか」
とすすめたところ、なんと27人の劇作家が誕生したのです。
脚色ではありません、創作です。それも、上は79歳から、下は9歳までの、脚本なんて書くのは初めてという面々です。
結果、試作を含めて63本の小作品が寄せられました。いずれも、戦後70年、福島原発事故から5年の、2016年の現実を、しっかりとらえた作品ばかりです。もう始まっている近未来まであります。
これから、それらをまとめて、一本の作品にするのですが、これだけは言えます。これを見損なったら、川崎の文化は語れないし、演劇の歴史も語れない、と。   
                                   ふじたあさや
*1:ベルトルト・ブレヒト作『第三帝国の恐怖と貧困』

公演日時2017年3月10日(金)〜12日(日)

10日(金) 19:00
11日(土) 14:00/18:00
12日(日) 13:00/17:00

※開場は開演の30分前。
スタッフ・出演【スタッフ】
作・構成・演出=ふじたあさや/作=劇団わが町文芸部
美術=池田ともゆき/衣裳=坂本真彩/照明=坂本義美/音楽=藤原 豊/音響=山北史朗
舞台監督=野口岳大/演出補=大谷賢治郎(company ma)
宣伝美術:中村圭介・吉田昌平(ナカムラグラフ)

主催=川崎市アートセンター
後援=NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり
助成=平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
企画・制作=川崎市アートセンター/NPO法人KAWASAKIアーツ

【出演】※50音順
秋山敏佑樹、池田紗菜、上田明彦、上村健太郎、梅澤賢一、梅澤実里、圓崎大和、圓崎弥生、大野倫子、大野好之、奥野氾子、小山雲母、狩野 淳、小松 祥、近藤明子、酒井道子、酒井みな実、酒井優月、品田芙季、鈴木明博、高取良典、田中千恵美、田中優香、田辺佐保子、坪井 翔、中平朝恵、夏堀妙子、羽賀拓郎、萩坂心一、萩原みどり、橋迫千明、林 桃子、日野順子、平井陽菜、藤村明史、牧野克己、松崎朝子、松澤亜美、村上マヤ子、村瀬真秀子、森山蓉子、柳瀬健太郎、山浦弘靖、山下優里、山田スミ子、山田睦実、山田誠浩

<客演>
古舘一也、原田 亮(company ma)
チケット【料金】
一般 2,500円/学生(小学生〜高校生) 1,000円
●全席指定・税込

※未就学児童のご入場はご遠慮下さい。
※学生チケットは窓口販売のみとなります。
※車椅子でご来場のお客様は当日のスムーズなご案内の為、チケット購入後、事前に川崎市アートセンターまでご連絡をお願いします。

【発売日】2017年1月27日(金)

【取扱い】川崎市アートセンター
●窓口販売 9:00-19:30(毎月第二月曜除く)
●電話予約 044-959-2255(9:00-19:30 土日祝・毎月第2月曜を除く)
●WEB    チケット購入はこちらから
劇団わが町とは2012年6月に生まれた新しいゆるやかな劇団です。劇団員は地域住民の方々、総勢約50数名。年齢制限はなく、現在7〜77歳までのメンバーが所属しています。しんゆりシアターのラインナップの一翼を担い、長期的に様々な創造活動を行なっていきます。
http://our-town.jp/
お問合せ川崎市アートセンター 044-955-0107
公演日
3/10〜3/12
このページのトップへ