施設案内

基本理念

1.基本理念

「これまでの芸術のまちづくりを継承し、発展させるアートセンターに」
これまでの芸術のまちづくりの動きや地域に根付いた独自の文化・芸術資源を生かし、発展させることをアートセンターの基本理念とします。

2.基本方針

「周辺の文化・芸術施設との連携によるネットワーク型アートセンターの構築」
(1)周辺地区の文化・芸術施設との連携を図り、個々の施設の独自性を活かしつつ、ネットワークによる相乗効果を発揮するネットワーク型アートセンターとして構築します。
(2)その拠点として、芸術のまちのシンボルとなるコア施設としていくことで、人を呼び込み、地域イメージを高め、併せて芸術のまちづくりのマネージメント機能を担うことにより、"芸術が育ち、創り、楽しむ"という芸術のまちをつくるための「核」とします。

3.基本目標

「文化芸術活動のインキュベータのメッカに」
芸術のまちづくり活動やプロを目指す活動、さらには市民活動を育成し、独り立ちを支援する拠点とします。

「コラボレーション機能(情報受発信、企画運営、サロン・交流…)、クリエーション機能(創作)及びプレゼンテーション機能(鑑賞=発表)が三位一体で備わった場に」
(1)これまで行われてきた芸術のまちづくり活動を発展させる場にします。
(2)市民がよりよい文化的環境づくりに取り組め、若い芸術家が育つ場にします。
(3)質の高い文化・芸術を享受し、体験する場にします。

このページのトップへ

運営方針

川崎市アートセンターは、新百合ヶ丘駅周辺地域の文化・芸術施設と連携し、個々の施設の独自性を活かしつつネットワークを構築します。そして"しんゆり・芸術のまち"のシンボルとなるコア・センターとして、中心的なマネージメント機能を担うことをめざします。

1.新しい芸術文化を創り発信する(創る)

今まで実践されてきた芸術のまちづくりの活動を継承し発展させ、周辺の芸術文化施設と連携しながら新しい芸術文化を創造し、発信します。

2.芸術文化の担い手を育てる(育てる)

アーティストを育て支援するために、若手アーティストが集まり、活動する場を提供し、アーティスト同士のネットワークの拠点になることをめざします。また市内の青少年の創造の場を設け、芸術文化の担い手を育てます。

3.市民が質の高い芸術文化を楽しむ(楽しむ)

アートセンターは、質の高い芸術文化を享受するため、芸術文化を鑑賞する楽しみだけでなく、市民が主体的に参加できるプログラムやアーティストとの交流等によって、市民が芸術文化を楽しむ場づくりをめざします。

4.ネットワーク型アートセンターコアとして芸術のまちづくりをリードします(ネットワークを図る)

アートセンターは、芸術文化の拠点として、周辺施設とネットワークを図り、地域の芸術・文化資源を活用しながら、芸術によるまちづくりをリードします。

5.効果的・効率的運営をして、持続させる(効果的な運営を行う)

アートセンターは、管理・運営を一体的に行い、質の高い企画・制作と効果的・効率的管理運営を進めます。

このページのトップへ

事業の方針

1.創造発信交流事業

(1)芸術のまちづくり活動を継承、支援及び発展
これまでの芸術のまちづくりの動きや地域に根付いた独自の芸術文化活動を継承、支援し発展させていきます。

(2)創造的・個性的な取組によるアートセンターからの芸術文化の発信
創造的な事業に挑戦しながら、集客力と発信性を高め、川崎の芸術文化振興の拠点とする事業を展開します。特に、新しい方向性を生み出すような舞台芸術と芸術性の高い多様な映像芸術に関するプログラムを核に事業展開を図ります。

(3)青少年の芸術文化に対する関心と感性の育成
青少年が芸術文化に関心を持ち、興味を持続させるプログラムを実施し、青少年の感性や主体的な創造性を育成します。

(4)多様な市民のニーズに応える事業内容
入門編的なプログラム、体験的講座、ワークショップ等とともに、芸術性の高いプログラム等を実施し、事業内容のバランスを取り、芸術文化に係る市民の多様なニーズに応えます。

(5)アーティストの発掘育成
舞台芸術や映像芸術の新進のアーティストを生み、プロを目指す活動を支援し、育てることに努めます。

(6)施設の特色を活かす
劇場と映像ホールが隣接していることや規模(定員)を踏まえ、他の類似施設との差別化を図り施設の特色を活かした事業を推進します。

2.特定事業

次の3つの事業については、趣旨や経緯などを踏まえ計画立案し実施します。

(1)青少年舞台芸術活動事業
平成12年度から毎年実施している青少年舞台芸術活動事業を継承、発展させていきます。

(2)「KAWASAKI しんゆり映画祭」事業
「KAWASAKI しんゆり映画祭」は、共催者として共に取り組み、主に施設等の提供、専門的な助言、専門的サポートが必要な作業及び事業企画・運営のサポート等の役割を担います。

(3)「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)」事業
「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)」は、主催者の一員として実行委員会と積極的に連携し取り組み、アートセンターの平成24年度以降の事業計画の立案及び実行委員会における調整業務・事務局業務等を行います。

3.鑑賞事業

本事業は、次の視点により企画し実施します。

(1)劇場及び映像ホールの優れた性能を活かした芸術性が高く、話題性があり、集客力のある事業運営を行います。
(2)幅広い市民が芸術文化へ接する機会を作り、関心を高め、芸術文化の鑑賞者の拡大を図ります。
(3)青少年が芸術文化に関心を持ち、興味を持続させる事業を実施します。
(4)障害の有無にかかわらず、芸術文化に接する機会を増やし、高齢化社会に対応したプログラムを展開するとともに障害のある人や高齢者への対応に努めます。
(5)劇場と映像ホールが隣接していることや規模(定員)を踏まえ、他の類似施設との差別化を図り、施設の特色を活かした事業を推進します。

4.情報受発信事業

指定管理者は、本市内及び本市周辺の芸術文化情報(主に芸術文化関連施設・機関・団体に関する情報及び芸術文化的なイベント・催し物の開催情報等)の収集に努め、その情報を求める市民に対して、積極的に提供していきます。

5.支援事業

市民等が主体的に行っている、あるいは、行おうとしている芸術文化活動については、概ね次の業務を行い、積極的に支援していきます。

(1)市民が行う芸術文化活動に係るチケットの代理販売業務
(2)市民が行う芸術文化活動に対する相談受付業務

6.連携事業

(1)事業の内容
周辺の芸術文化関連施設、機関及び市民の芸術文化団体等と情報の共有化を図り、互いに協力体制をとるものとします。

(2)アートセンター運営協議会の活用
アートセンター運営協議会を活用し、周辺の文化芸術関連施設・機関及び団体等との連携を図ります。

このページのトップへ

川崎市アートセンター及び「芸術文化都市の創造」の沿革

昭和57(1982)年麻生区が多摩区から分区
昭和60(1985)年「麻生音楽祭」始まる
昭和61(1986)年日本映画学校が新百合ヶ丘駅前に移転
昭和63(1988)年川崎市市民ミュージアム開館(中原区)
平成元年(1989)年昭和音楽芸術学院が新百合ヶ丘駅前に開校
平成5(1993)年総合計画2010プランで麻生区を「緑豊かな、芸術と科学の未来をみつめる区(まち)」として、芸術文化の発信拠点づくりを目指すことが計画される
平成7(1995)年「KAWASAKIしんゆり映画祭」始まる
平成11(1999)年岡本太郎美術館開館(多摩区)
平成16(2004)年ミューザ川崎シンフォニーホール開館(幸区)
(仮称)「アートセンター整備に関わる提言」が出される
平成17(2005)年「川崎市文化芸術振興条例」施行
「アートセンター基本計画」策定
平成19(2007)年 昭和音楽大学が新百合ヶ丘駅前に移転
川崎市アートセンター開館
平成21(2009)年「川崎・しんゆり芸術祭 アルテリッカしんゆり」始まる
平成23(2011)年日本映画大学開校
「藤子・F・不二雄ミュージアム」開館(多摩区)
このページのトップへ

運営団体の概要

1.運営団体

名称:川崎市文化財団グループ
代表構成団体:公益財団法人川崎市文化財団
構成団体:学校法人東成学園、学校法人神奈川映像学園

2.指定期間

平成24年4月1日〜平成29年3月31日

3.所在地

川崎市川崎区駅前本町12番地1

4.主な業務内容

(1)財団法人川崎市文化財団
文化情報事業、古典芸能普及事業、川崎・しんゆり芸術祭、ミューザ川崎シンフォニーホール事業、川崎市アートセンター事業 他

(2)学校法人東成学園
学校の設置(昭和音楽大学大学院、昭和音楽大学、昭和音楽大学短期大学部)、大学付属機関の運営 他

(3)学校法人神奈川映像学園
学校の設置(日本映画学校)

このページのトップへ